So-net無料ブログ作成

デンマークの魚市場 [欧州旅行2009]

091004-ODDEN-3.jpg

日本の事や文化が大好きなJさんであるが、仕事以外では日本を訪れたことは無いらしく、一度完全にプライベートで訪れたいと言う。我々が訪問したのをいい機会に、日本旅行について奥様を説得しはじめた。”とても興味深くて、いいところなんだよ~”と。ところが奥様、”日本には行ってみたい気はするけど、朝から魚を食べるのはガマンできないわ”...と。いやいや、普通のホテルの朝食はバイキング形式だったりするし、問題無いはず...と説明したが、どうやらJさん、伝統的な旅館に泊まりたいらしい。”そうすると、どうしても魚が出てくるでしょ...”と奥様。

デンマークの人たちが魚を食べないわけではないが、確かにコペンハーゲンの街で、新鮮な魚が売られている市場等を見かけたことは無い。スーパーでも同様。他の人にも聞いてみたが、”食べないわけではないが、別段好んで食べるわけでもないし..."とのこと。それでは、本当に魚市場のようなところは無いの?とJさんに聞いてみると、コペンハーゲンから離れた場所で一か所知っていると言う。もちろん築地見学もしたことのあるJさんだから、我々日本人の考える”新鮮な魚”という感覚は十分に知っているはず。それは、コペンハーゲンから1時間強の、シェランズ・オッデ(Sjælands Odde)という町にあり、以前から一度見せたいと言っていたJさんのサマーハウスの近くらしい。ぜひにとお願いして、車を走らせてもらった。
 
091004-ODDEN-1.jpg

到着してみると、想像以上に小さな建物だったが、たくさんの人が魚を買いに車でやって来ていた。


大きな地図で見る
魚市場”ODDEN FISK"の位置(緑の矢印)

入口では、野菜も販売しており、立派なポロネギがあった。北国の魚にネギとくれば、無性に鍋が食べたくなった。

091004-ODDEN-2.jpg

屋内に入ると、冒頭の写真のような光景が目に入ってきた。まさに漁港の直売所といった風情。

091004-ODDEN-4.jpg

デンマークでは非常にポピュラーなニシンの酢漬けの材料が。すでに開いて調理してあり、とても便利。日本で言えばさながら”そのまま衣をつけてフライに...”と売られているアジみたいだ。

091004-ODDEN-5.jpg

”おお、このタラはすごいね。目が奇麗でかなり新鮮だ”と言うと、”デンマーク人の我々には想像出来ないほど、日本人は一般人でも魚の鮮度に対する目がいいんだね。”とJさんは驚いていた。
”表にあったネギとこのタラを使って、今度はJさんのサマーハウスで鍋やりましょうか!”と言うと、ぜひやりたいとのこと。これでまたデンマークに行く口実が増えた。でも、土鍋はどうしよう。持って行くのはかなり大変そうだが、やはり土鍋は必要だ。ポン酢も必要...などと考えながら、魚を見て回る。

091004-ODDEN-6.jpg

他のヨーロッパの国々同様、ホウボウも取れるらしい。どんな料理で食べるのだろう。

091004-ODDEN-7.jpg

日本でもアカザエビは獲れるようだが、私のイメージでは欧州ならでは...という感じがする。

091004-ODDEN-8.jpg

茨城で見たのと同じくらい、新鮮なアンコウがいた。デンマークではどんな風にして食べるのか、Jさんも知らないそうだ。

091004-ODDEN-9.jpg

こちらは調理済みの魚。イクラもある。ディルウィードがたくさんかかったサーモンは、北欧らしい料理の一つだ。

091004-ODDEN-10.jpg

サーモンやニシンの燻製も売っていた。このあたりでは魚の燻製は名物らしい。

ひとしきり魚を見た後は、この直売所の裏手にある港を散歩してみた。日本でも地方によって漁船の形が微妙に違うが、ここ欧州まで来るとその形はまったく違う。ずんぐりしてて丸っこくて、なんだかかわいい形の船だ。た。

091004-ODDEN-11.jpg

 
091004-ODDEN-12.jpg


ここにぜひ来たかった理由はもう一つ。アルネ・ヤコブセンデザインのスモークハウス(Fiskerøgeri)があるからだ。1943年に作られたこの燻製小屋は、付近でとれるニシンなどを燻製にするのに活躍したそうだ。
窓から中を覗くと、季節外れなのか、稼働している気配は無かったが、きれいに整頓された事務室の状態などから、まだ使っているようだった。ガイドブックにも、デザインの本でもあまりお目にかかることのないヤコブセンの作品の一つだが、実物を前にすると、シンプルでありながら、ユニークな煙突のデザインが興味深い。

091004-ODDEN-AJ-1.jpg

091004-ODDEN-AJ-2.jpg



大きな地図で見る
スモークハウスの位置(緑の矢印)


魚直売所、スモークハウス見学を終えて、今度はいよいよJさんのサマーハウスへと向かった。


ところで、高速道路はずれてからこの街に向かう21号線は、その先にオーフス行きのフェリーターミナルがあり、出発時刻に間に合うかどうか...という車がかなりのスピードで飛ばしていることが多く、事故も多いらしい。行かれる際は気をつけたほうがいいとのことだった。

2009欧州旅行記事一覧

nice!(19)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 19

コメント 15

cjlewis

へえ〜、こりゃ素晴らしく新鮮な魚たちですね。
デンマークの方がたらちりを食べた感想を
ぜひとも聞きたいもの。
ポン酢は大丈夫だろうか?

私、生まれて初めて行った海外が
スウェーデン&デンマークなんです。
ANAとSASが共同運行を開始した最初の飛行機に
乗ることが仕事でした。
デンマークはコペンハーゲンだけでしたが、
現地でアテンドしてくださった女性が、
日本に2年間留学したことがある方で、
美味しいお寿司屋さんがあるから、ぜひ行きましょうと、
連れて行ってくれた店、すごく美味しかったです。
海外であれ以上のお寿司には、今だ出会ってません。
カウンターでお好みで握ってもらったんですが、
注文はすべて私たち任せで、
ガイドさんは、私も同じものをと言っていたのですが、
タコが出て来たとき、一瞬顔が曇り、
でも笑顔で口に入れたのですが、
数十分後に具合が悪いと言って帰ってしまいました。
食習慣というのは難しいものですね。。。

by cjlewis (2010-09-05 01:23) 

IsPhoto

cjlewisさん
たらちりかぁ、いいですね。もみじおろしも用意しなくちゃ(笑)

コペンハーゲンでお寿司!?ゴージャスですね。
かなりいいお値段だったのでは?
デンマークの人は日本に対する理解が深いと感じることがよくありました
ので、お寿司もちゃんとしてておいしいのかもしれませんね。
一度行ってみたいなぁ。

タコは確かにダメでしょうね。同じ欧州でも、地中海沿岸では食べる
ようですが、北の方はやっぱりね....
ニースの海岸で、タコ釣りしているおじさんも見かけましたし...
食習慣はほんとうに難しいですね。





by IsPhoto (2010-09-05 09:38) 

雅

おー、デンマークでもアンコウが獲れるんですね。
肝はアンキモにして、残りはアンコウ鍋で食べたいですね。
でも。、それに合うお酒は、ヨーロッパにはあるのかな?
やっぱ日本酒ですよねー。
by (2010-09-06 22:21) 

IsPhoto

雅さん
私もアンコウ見た時はびっくりしました。どうやって食べるの?って。
デンマークはやっぱりビールが有名(カールスバーグやツボルグ)ですね。
アクアビットという強烈なのもありますが、調子に乗っているといきなり
”来る”ので、一度試して懲りました(笑)
アンコウもあちらの調理法なら、こういうのが合うのかもしれませんね。
by IsPhoto (2010-09-07 00:33) 

えがみ

日本と他国の文化は異なる部分が多いですが、旅行が億劫になるのもうなずける気がします…。
案内役はIsPhotoさん…と思いましたが、夫婦水入らずで楽しんでもらいたいですね。


by えがみ (2010-09-08 00:59) 

IsPhoto

えがみさん
私の場合、文化が異なる場面に出会えば出会うほど、ワクワクする方
でして...。その辺が、つい現地の人に色々とかかわって行こうとしてしまう
理由だったりして...。
実はあちらの方にウザイと思われてたりして...(笑)

by IsPhoto (2010-09-09 21:55) 

dogwood

そうなんですよ~。魚屋はちらほらあるんですが、種類が少なく(タラとかサーモンとかニシンとかヒラメカレイとか中心)、日本人的にはちっとも満足しないんですよね。
なので、この魚市場情報はとっても嬉しいですっ!
この魚市場って会員制ではないですか?いくつか知ってる魚市場は、会員制だったり「その魚市場を利用してる人の知り合いじゃなきゃダメ」だったりするんですよね~。
誰でも自由に出入りできるんだったらぜひとも行ってみたです!
by dogwood (2010-09-16 02:03) 

IsPhoto

dogwoodさん
なんか漁港の直売所みたいな感じで、
遠くから来たっぽい人も買っていたので、
大丈夫じゃなかろうかな?とは思いますが、
会員制かどうか、Jさんに聞いて見ますね。
Jさんのサマーハウスはこの魚市場からすぐ近くなので、
たぶん詳細知ってると思います。
実は今ノルマンディーに来ていてじっくりメール
書けない(笑)ので、帰国後になりますが、
しばらくお待ちくださいね。
by IsPhoto (2010-09-16 03:50) 

Kimi

今日キミがフランスの国内ラリーに出ています!
急いで知らせに来ました(笑)
詳しくはコメントのお返事に書きました(^^)

by Kimi (2010-09-18 17:23) 

IsPhoto

Kimiさん
情報ありがとうございます!
by IsPhoto (2010-09-20 13:45) 

BlackTiger

魚がとっても新鮮な感じですね。
こっち見てますし。。^^;
by BlackTiger (2010-09-23 20:24) 

IsPhoto

BlackTigerさん
ここは本当に新鮮なさなかがいっぱいでした。
ここのお魚たちを見ていると、鍋したくなりました
by IsPhoto (2010-09-23 21:27) 

IsPhoto

dogwoodさん
Jさんから返事がありました。
このOdden Fiskはオープンショップで、誰でも買えるとのことです。曜日は不明ですが、朝のうちはレストランもオープンするらしいです。(我々は昼すぎに行ったので、開いてませんでしたが)
ちょっと遠い(コペンハーゲンから100Km)けど、新鮮な魚を求めてコペンハーゲンからもちらほら行く人がいるみたいです。リンクを送ってくれたので参考に...
http://www.erhvervssiden.dk/Odden-Fisk-vPeter-Fischer-610750.html

PS:Jさんついでに海辺で遊ぶ孫の写真も送ってきました(笑)
by IsPhoto (2010-09-28 13:55) 

dogwood

詳細情報をありがとうございます!
なるほど~、あっちの方にあるんですね。ちょっと遠いですが、主人がいる時に車を出してもらって行ってこようと思います。新鮮なお魚のためですもん♪
朝のうちに行けばレストランのオープンしてるだなんて・・・楽しみ方がたくさんあって面白そうですね!


by dogwood (2010-09-29 07:15) 

IsPhoto

dogwoodさん
そうなんですよね、ちょっと遠いのがねぇ。
でも、片道1時間とちょっとでしたから、ドライブがてら行くのはいいかもしれません。景色もコペンと違った感じでよかったですし。
こちらだと、神奈川の三崎漁港(マグロが有名)で朝市やってるのですが、都内から車でそれに行くような感じの距離ですかね
もし行くことがあったらレポお願いしますね
by IsPhoto (2010-09-29 08:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。